MENU

我が家の珍奇植物たち


こんにちは、アオミです。
今回は我が家の珍奇植物たちを紹介したいと思います!


オーニソガラム ・ジュンシフォリウム


以前紹介したこいつですね。
珍奇植物はいいぞ。オーニソガラム・ジュンシフォリウムの花と育て方 - 藻類書房
あれから上の方の花も開花が始まり、一部の球根からは2本目の花芽があがってきました!

ただ2本目の花はかなり細いです...。 株を弱らせないためには切っといた方がいいのかな?

興味深いのでしばらく様子見中。

エクメア・ファッシアータとネオレゲリア・ファイアーボール


左がファッシアータ(シマサンゴアナナス)で右がファイアーボール。
どちらも南米原産のパイナップルの仲間です。


肉厚な筒状の葉は中心に水を溜める作りに。
うちにある植物の中では珍しい湿潤好きなやつらです。

横から見るとこんな感じ
鉢がまだ決まってないのでペットボトル製の仮住まい...。底には水草用のソイルを入れています。

近々いい鉢をさがさないと。


パキポディウム グラキリス


別名「象牙宮」
茎の根元が膨らんで水をためる、 塊根植物 の一種です。
マダガスカル原産で、砂岩に覆われた山岳部に自生しているそうです。乾燥した地域の植物なので乾かし気味に、直射日光にガンガン当てて育てています。

去年の春、就職で東京に越してきたタイミングでタネから育て始めました。
今はだいたい2センチくらい。

冬は休眠期で丸ハゲだったけど、暖かくなって新しい葉が出始めました。


チランジア達


上から
ハリシー、 フックシー・グラシリス、イオナンタ・グァテマラ

いわゆるエアープランツです。
これも実はパイナップルの仲間。

中南米原産の着生植物で、現地では木や岩などにくっついて自生しています。

水が不要なイメージを持たれる事がおおいけど、実は結構水好きな植物。
週3〜4回くらい霧吹きで滴るくらい水をあげてます。

固定のために根を出すので、土台の板を自作して窓にハンギングしてみました。
噂によると、その辺に置いておくよりは釣った方が成長がいいらしい...。

そのうちハンギングの作り方etcと合わせて生育状態を報告しますー!



さて、こんな感じで。
珍奇植物の中ではまだまだ入門種がおおいですが、変わった植物を育てていると些細な変化が面白いです!

グラキリスの根元が膨らんできたり、 水をこまめにやった方がチランジア達の新芽がワサワサ伸びてくるとか...


そのうちビカクシダや食虫植物なんかにも手を出してみたいなぁ...

もし珍奇植物の世界に興味を持ってもらえたら嬉しいです!
それでは!