MENU

もう画面を傷つけない!金属製極細軸スタイラスペンのプチ改造!


f:id:mistletoe-dtf:20180806090440j:plain:w600



先日購入・レビューした「GOULER」の細軸スタイラスペン



とっても使いやすいんですが、油断すると保護フィルムに傷が入っちゃうんですよね。。。


よくよくペン先を見てみると。

すこーーしではありますが、なんと先端の銅軸部分にエッジ&段差が!


f:id:mistletoe-dtf:20180805230924j:plain:w600

ペンを立ててまっずぐ描くぶんには問題はないけど、鉛筆のようにペンを寝かせて使うとココが引っ掛かっちゃってたんですね。


ちょっと気になるので、安全安心なペン先に転生させてやりました!




つかったもの


紙やすり(320, 600, 1000, 2000番手)
傷ついてもいい板状の金属(私はスプーンの柄を使用)


ヤスリ、そんなに持ってないし使い道ないから買いたくない!って方はなるべく番手の大きい(目が細かい)ヤスリ1種類でも時間はかかりますが大丈夫です。

1枚だけで挑むなら1000番くらいがオススメ


(もちろん、順に仕上げていったほうが早いし仕上がりもきれいではあります)


紙ヤスリはハンズやホームセンターで一枚100円しないくらいで売っています。

ちょっと割高な耐水ペーパーと、何も書いてない割安なものがあります。
耐水ペーパーは水研ぎといって、水でぬらしながら使える紙やすりです。

目詰まりしにくくできる・摩擦熱を和らげられる などのメリットがありますが、今回は電気部品のあるスタイラスペンなので水研ぎはやめた方がいいです。一番安いやつで問題ありません


私はほかの用途にも使いたかったので、こちらのいろんな番手がアソートになったセットを購入しました。


アオミ ソウ立体化計画 (twitterで進捗報告中)のフィギュア改造にも活用しています 笑



かんたん改造方法!



紙やすりは **320番600番1000番2000番** の順に使っていきます。

荒いのから徐々に細かく、なめらかにしていく感じ。



初めに320番のやすりの上でペン先を寝かせて、ペンをクルクルと回転させます。

力を入れすぎないように、軽~く滑らせるのがコツ。イメージは鉛筆削り


力を入れすぎちゃうと一部だけ削れ過ぎて新しい引っ掛かりを生んじゃうので注意です!



こまめにペン先を確認して、角が取れてきたな、と感じたら

やすりをもっと大きな番手に変えて同じようにクルクル。


一段階ずつどんどん番手を上げて、2000番を終えるころにはすっかりペン先もツルツルになっています!



面倒がらずに一段階ずつ、が大事


600番くらいでも見た目は十分滑らかになっているように感じますが、画面上で試し書きすると微妙にこすれる感じがするんですよね。摩擦感があるというか、なんだかシャリシャリします


それがちゃんと1000番、2000番まで磨くことでスルスルな書き味に変わります!



最後の仕上げ!


最後に、平らな金属の上で仕上げをします。

私はスプーンの柄を使いました。固い金属ならステンレスでも真鍮でもアルミでも何でもいいと思います。傷がつくかもしれないのでそこだけ注意。


今度は少し力を入れて、さっきまでと同じようにクルクル。

ヤスリでできた微細なケバケバを潰してなめらかにするイメージです。

(力を入れ過ぎると壊れたり、ペン先が滑って危ないのでお気をつけください!)



滑らかになったら完成!



金属の上でで仕上げた後はペン先がピカピカになりました!

これでうっかり画面に傷をつけちゃうこともなし!


滑りもよくなって、より完璧なスタイラスペンに生まれ変わりました!

充電機構周辺が改良された次世代のApple Pencilが出るまではこの一本でやっていく予定です!



おわり!

(どうか次世代でおしりブッ刺しスタイルの充電が改良されますように!)