MENU

iPhone/iPad/Mac間の写真の同期ならAppleユーザーならiCloud の写真・動画共有機能を使わない手はない!


f:id:mistletoe-dtf:20180930222552j:plain

 

どうも!アオミ ソウです!


みなさん、スマホ⇔パソコン間の画像データのやり取りってどうしてますか?

私はスマホもPCもタブレットも全てApple製品なリンゴ党員なんですが、つい最近までデバイス間のデータ共有は

ライトニングケーブル経由でPCに接続しデータ取り込み
ドロップボックス経由で共有


の2つの手段しか使っていませんでした。


最近いまさらながらiCloud の画像共有機能を使ってみたら超快適でビックリ。

特に、PCで写真編集をしたい場合や、画像をよく扱うブロガーの方は使わない理由がないので、もしまだ使っていない方は設定してみてください!

 

スポンサーリンク
 

iCloudって何

iCloudはApple社の提供しているクラウドサービス

ネットワーク上にデータを保存して、複数のデバイスからデータにアクセスできるようにしているサービスです。iPhoneの機種変更などでデータのバックアップに使っている方も多いんじゃないでしょうか。


iCloud 画像共有機能は、このiCloud上に画像データをアップして色々なデバイスから引き出せるようにしているもの。

ドロップボックスなどもこういったクラウドサービスの一つですが、Apple製品間のデータのやり取りならiCloud の方が圧倒的に操作性が良いです。流石専用サービス!

 

画像共有の設定方法


iCloud で画像共有する方法は2種類。

● iCloud フォトライブラリ
● iCloud 写真共有


iPhone の写真を全部共有したいか、一部を選んで共有したいかで選択したらいいと思います。

 

iCloud フォトライブラリ


iPhone の"写真"アプリ内の画像を全部PCと共有したいときに使えます。

設定方法は

PC:
環境設定→iCloud→"写真" 右側の「オプション」→一番上の「iCloudフォトライブラリ」をクリック

f:id:mistletoe-dtf:20180930211532p:plain

iPhone:
環境設定→ユーザー(一番上にある自分の名前)→iCroud→写真→一番上の「iCroudフォトライブラリ」をONに

f:id:mistletoe-dtf:20180930213646j:plain

 

これでネットワーク接続中、iPnone中のすべての写真がPC・タブレットと同期されます!

ただ注意なのが『写真の枚数が多いとクラウドの容量オーバーになる』点。


デフォルトのiCloudの容量は5GB

これを超えるデータを同期しようとすると、「追加のiCloudストレージが必要」というエラーメッセージが出てiCloud フォトライブラリを使用することができません。

有料オプションでiCloud容量を拡張するか、次に紹介する ” iCloud写真共有” で一部を選同期する必要があります。


私はiPnoneに1000枚オーバーの画像ファイルを詰め込んでいるので楽々の容量オーバーでした。容量なんと10GB。iCloudなら課金してもいいな~とは思いましたが、全部同期しているとPC側で目的の画像を探すのも一苦労なのでiPhoneで フォトライブラリを使うのはやめました。

 

iCloud フォトライブラリ

:写真を「自動で全部」同期できる。手軽
:Cloud容量をかなり圧迫する

iCloud画像共有


“画像共有”では同期する画像を自分で選択する必要があります。

その点でiCloudフォトライブラリよりも操作が増えますが、複数枚をまとめて選択・同期できるのでさほど手間ではないです。

同じクラウドストレージの「Dropbox」と比較しても操作の手間も同期の速さもずっと上な印象。


設定方法はほぼフォトライブラリと同じで、

PC:
環境設定→iCloud→"写真" 右側の「オプション」→一番上の「iCloud画像共有」をクリック

iPhone:
環境設定→ユーザー(一番上にある自分の名前)→iCroud→写真→一番上の「iCroud画像共有」をONに


設定後、”写真”アプリから読み込みたい画像を選択し、左下のアイコンをタップ→「iCroud画像共有」→アルバムを作成して投稿、で同期完了。


誰に共有するかの選択画面
が出てきますが、自分のメールアドレスを選択しておけばOKです。

招待メールを開いたりしなくても、同じApple ID を使っているデバイスからならすぐにアクセスできます。


共有した写真はiPhoneの写真ライブラリから削除してもOK。iCloudのフォルダ内にデータがある限り、どのデバイスからでも閲覧・データの移動ができます。

 

iCloud画像共有

:必要な画像だけ同期できる。検索性の良さ、Cloud容量の節約
:画像を自分で選択する手間がある

 

 

Dropboxでの写真共有はけっこう手間だった


私はiCloudのデータ共有機能を使うまで、ドロップボックスで画像を移していました。

ドロップボックスはマルチなクラウドストレージ。

Apple製品以外のデバイスとも連携できて便利なんですが、なぜかiPhoneの”写真”アプリからは『複数データをまとめてdropboxに放り込む』ことができないんですよね。(iPhone SEの場合。機種によっては違うかも)


なので1枚1枚ちまちまドロップボックスに写真を映して...と面倒くさいことこの上ない事をしていました。

1,2枚程度なら問題はないんですが、何枚もの画像を映したいときにはさすがに手間がかかりすぎる!ので、iCloudでの同期の手軽さはほんと目から鱗。


同期情報の反映スピード
もiCloudのほうが速い気がします。
ドロップボックスだとPCで反映されるのに少しラグがありました。

 

まとめ


iCloudの画像共有、手軽かつ早いのでAppleユーザーの方にはぜひ活用していただきたいです!

せっかくのApple製品ライン使いなので、便利な恩恵に与りましょう!


それでは!

 

1.レシート買取アプリ「ONE」が復活したよ!

2.【レビュー】Apple Pencilと迷った末、お手頃な『GOULER』の細軸スタイラスペンを購入!

 

 

<

スポンサーリンク