MENU

インドに出向することになりました


3日ぶりです!アオミです

 「नमस्ते! क्या हाल है?」

f:id:mistletoe-dtf:20180401112241j:plain:w500


突然ですがわたし、今月まるっとインドの合成委託会社に出向することになりました。
今日の午後の便でハイデラバードという街に向かいます!


いやあ、定期的に研究員が出向して交流や技術移管をやってるって話は聞いていたんですが
まさか早速自分にお鉢が回ってくるとは。

水とか気をつけないとですね。

聞いた話ではサラダなんかの生野菜も危ないとか…。
野菜を洗うのに使っている水がダメな場合が結構あるみたいです。

不安はままありますが、まあ何とかなるでしょう!
ホテルも会社が結構いいところを取ってくれたみたいですし


taj.tajhotels.com


たーじくりしゅな…。
こんな所に1ヶ月も泊まったらもう日本に戻ってこれなくなりそうです。

次回の更新は本場のビリヤニの食レポとかですかね!

正直な英語は全然喋れないし
インド???嘘でしょ??って感じなんですが

ブログ ネタとしては極上ですよね。
いやぁ、楽しみだなぁ。


……もし更新が止まっちゃうようなことがあればお腹壊してるんだなって察してください。

それでは!!

「फिर मिलेंगे। 〜 」












ごめんなさい、です
エイプリルフールのネタでした!!


一部、

*インドへの出向が定期的に行われている
*先輩が以前インド出向した時はタージクリシュナの高級ホテルに泊まった

っていう所だけ本当です 笑



>何でインド?

もともと、化合物の委託合成は中国が主流だったんですが
近代化で人件費が日本人雇うのと変わらくなったのと、中国国内の需要で忙しいのか納期が長くなったので

最近では中国よりもインドやシンガポールの合成会社が主流になっているんですよね。

インドの会社って化学合成の技術はしっかりしていて、それでいて人権費が約1/3、かつ意欲が高い(らしい)ってことで依頼している会社が多いようです。
インド、シンガポール、ベトナムあたりが委託先御三家って感じでしょうか。
多分何処の会社も似た感じかも。


>インドの食事情
先輩いわく、水は気をつけていたのでお腹壊すことはなかったとのこと。
ただご飯が超スパイシーで、辛さで胃にくることはよくあったそうです。


>え?なんて言った?

①ナマステー お元気ですか?
②また会いましょう