MENU

ミラーレス一眼のキットレンズだけで星空を撮影してみた


 

お盆、実家に帰省した際に見た星空がとてもきれいでした。さすが田舎。ちょうどペルセウス座流星群の日だったので、せっかくなので初の星空撮影に挑戦してみました。

 

手持ちの機材はコチラ。

f:id:mistletoe-dtf:20150903184110j:plain

家にあるのはlumix-GM1Kのボディと、以前使っていたGF2のキットレンズだったパンケーキレンズと標準ズームレンズ。それと後から買い足したマクロレンズ。こちらは通常の一眼レフの規格であるフォーサーズマウントのものを変換アダプターを付けて使用しています。

 

GM1は超コンパクトなのが最大の魅力ですね。パンケーキレンズや噂のボディキャップレンズ(持ってないけど)を付けたらコンデジと変わらないサイズ感。重さも本体のみで173gと非常ーに軽いのでお出かけにひょいと持っていきやすいです。

Panasonic LUMIX DMC-GM1K 

ズームレンズキット

 12-32mm/F3.5-5.6 レンズ付属

楽天市場

ただ、今回帰省のお供に持って帰っていたのがまさかの標準レンズだけだったので必然的にコレで星空撮影をすることになってしまいました。

もっと明るいレンズにすればよかったとちょっと後悔…。

 

星空を撮るコツ

どうやらシャッタースピードをできるだけ遅くして、F値を解放 (一番小さい値) or一段絞った値にして撮るといいようです。

参考にしたサイト様いわく三脚は必須、遠隔シャッターもあった方がいいとのことでしたが、私は地面に直接カメラを上向けて置き、そーーーっとシャッターを押すことで対応することとしました。

構図もクソもありません。真上一点撮りです。

 

いざ、撮影

 実家の屋上に上って、カメラをセット。田舎だけあって夜は通りも真っ暗、星がよく見えます。しばらく空を眺めていたらいくつか流れ星が流れていきました。

ISOを600に、F値をMAX (3.5) まで開いて、シャッタースピード60秒でぱちり。

.............。

f:id:mistletoe-dtf:20150831132233j:plain

 拡大したらうっすらと星空が見えます。モニターの汚れじゃないです。目いっぱい拡大すれば輝く星が見えてくる…はず。

 

.....…。いや、やっぱり、これはちょっと......。

カメラのモニターで見たときは結構綺麗に撮れたつもりだったんですがPCで見ると埃にしか見えないです。悲しい。

 

ありあわせの撮影方法ではこれが限界のようです。せめてF2.8のパンケーキ持って帰っていればまだマシだったんでしょうか。ISO感度ももっと上げるべきだったのかな。。。

あと、やっぱり三脚は必須だと思いました。

 

 

お口直しに

 あまりに残念な星空しか取れなかったので、以前撮影した月の望遠鏡写真をば。

f:id:mistletoe-dtf:20150903184743j:plain

こちら、学部時代の一般教養でとってた天体観測の講義で撮影しました。

大学の屋上に添え付けのなんかでっかい望遠鏡に、レンズを外したカメラのボディーを直接くっつけて撮影。クレーターまでくっきり、お気に入りの一枚です。

またこんな写真が撮ってみたいなぁ…。

 

とりあえず、今度はちゃんと機材をそろえて、綺麗な星空の写真にリベンジです。